家電量販店から転職した成功例|年収倍増ストレス半減!


家電量販店からの転職の成功例|12年勤務した職場から異業種へ

家電量販店から転職家電量販店からの転職の成功例についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

人生悩み尽きざるなりサイト管理人の飛田ポテトと申します。

家電量販店のみならず大手飲食チェーン店なども接客業に従事する人々が大きなストレスを抱えながら心身ともに疲れ果てているようにうかがえる現代社会。

私の周りにそのような友人知人が多く居ます。

今日はそんな接客業で疲れ果てた方々の参考に少しでもなればと思い私の高校時代からの友人で脱サラに成功して今現在と10数年前では天と地ほど暮らしが変わった男の実体験を例に今現代の苦しみは動けば好転するという事をお伝えしたく思います。

この記事では

  • 家電量販店から転職の成功例|友人Nという男
  • 家電量販店から転職の成功例|彼のサラリーマン時代の悩み
  • 家電量販店から転職の成功例|資格取得を目指した結果

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

今現代大きなストレスを抱えながら歯をくいしばり頑張っている方々へ今の苦しみが永遠の物ではないと思えるきっかけに少しでもして頂きますと幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

家電量販店から転職の成功例|友人Nという男

家電量販店からの転職

私には今高校時代からの友人でも付き合いが長い友人が5人ほどいます。

その1人にNという男が居ます。

彼は情に厚く非常に行動力のある男です。

そんな彼は高校を卒業すると同時に既に就職の内定をもらっていた大手家電量販店に勤務することになりました。

彼は元々人と接するのが好きな男で本来は店頭での勤務を希望していたのですが高卒はまずは配送業務からという会社の決まりで彼は約2年間トラックに乗りお客様の家に家電を届けるという業務に従事しました。

初めの頃は合うたびに

『俺はこんな力仕事する為に就職したんやない』

『店に立って商品売ってなんぼやろ!』

とごねてはいましたが彼もまた若かりし頃は歯食いしばり配送業務を頑張り続けました。

その結果ずっと希望を出していた店頭での勤務がかなったのです。

元々接客向きの性格と卓越した話術があるNはみるみるうちに販売実績を伸ばしていきます。

そして大手モール内の新規オープンのスタッフで配属になったり遠方の新規事業立ち上げなどに従事するようになりました。

端から見ていると夢をかなえたな~凄いな~と思っていました。

しかし彼は既に内勤になり数年経過した20代の後半くらいから会うたびに浮かない顔をしていてなにやら悩みを抱えているように見えたのです。

家電量販店から転職の成功例|彼のサラリーマン時代の悩み

家電量販店からの転職

ある年の年末友人Nにここで何度か紹介させて頂いた友人K、それに私と他友人数名で忘年会をしていた時にNがKに仕事の相談をしていました。

その中で友人Nの声が荒がります。

『俺らこのままあったらアカン!』

いつもの調子かなと思いきやKも大きくうなずいています。

『俺ら根本的に組織に束縛されたら能力発揮できるタイプちゃうやろ?

それゆえの葛藤はお前だけやない俺も感じている。

それに身体もきついよな。

できる人間にばかり負担かかるのは何処も同じやで』

KがNを諭すように言いますが2人はこの忘年会の翌年からサラリーマンから脱却する為に動き出したのです。

Nの抱えていた悩みとは

  • 慢性の腰痛による苦しみ
  • 若手社員や派遣社員が続かないのでベテランにかかる負担の大きさ
  • 休む間もなく腰痛のケアをする時間すらない

以上の事からこのまま勤務していては自分の身体に将来取り返しがつかないほどの悪影響を与えると思ったNはKと相談した結果資格を取得して転職しようと考えました。

彼はこの時から2年で行政書士の資格を取ります。

しかも資格取得というものを知る為に腕試しで宅地建物取引主任者や日商簿記2級。

ファイナンシャルプランニング技能士2級など様々な資格を取得しました。

そして2年後に行政書士として独立開業します。

家電量販店から転職の成功例|資格取得を目指した結果

家電量販店からの転職Nはあの忘年会の2年後には既に行政書士として独立開業を果たしていました。

その開業後にも資格取得の為の勉強を辞めなかったNは社会保険労務士試験にも合格し今や行政書士と社会保険労務士のダブルライセンスを有する先生です。

開業当初半年間くらいはさすがに中々仕事が無く苦労したらしいですが異業種交流会や様々なコミュニュティに顔を出す事により徐々に人脈を広げていき今では収入もサラリーマン時代とは比較できないほどになったとの事。

その分ストレスも減り時間拘束も無くなり自由を手に入れたと満足げにしています。

それにNが言ったことのなかで私が心に残るのが

『家電売っていた頃より接客が100倍楽になった』

これはおそらく家電量販店のみならず販売店に勤務する方の接客スキルは皆非常に高いのでは?

と私は思います。

そんな接客スキルの高い人が手に職をつけて開業した場合は今まで培った接客スキルや営業力が大きく活きて成功する可能性も非常に高いのではないかと思いました。

今まではいくら販売しても自分の利益になるのはほんの数パーセント?

しかし開業すれば顧客を掴めば全て自分に返ってくるとなれば仕事に従事するモチベーションの上がり方も違いますよね。

元々サラリーマン時代に鍛え上げたスキルがモチベーションが上がる事により更に発揮されるわけです。

そりゃうまいこといくわなぁ・・・

と私は改めて思ったものです。

Nの例は正直目指した資格の難易度が高く皆が皆こう上手くいくとは限らないと思いますが私は本気であればかなわない例ではないと思います。

しかし自分にあった資格を目指したり転職や開業を視野に入れたスキルの向上や新分野に関して調べる事は可能です。

実現することができた人間が1人でも居ればそれは可能性が0では無いのですから。

今の苦しみを嘆くことはできます。

私も10年間嘆き続けました。

しかし私も嘆き続けではその苦しみから脱却するための行動をしなかったのです。

その結果身体は廃車寸前で年だけ10歳とってしまい体力は低下する一方。

10年前に動き始めたNやKは既に次のステージでの成功を収めています。

人は体や心がシグナルをあげはじめたら今を変えるために何かアクションを起こすべきであると私は身を持って知りました。

そして周囲に行動力のある友人がいて見本を見せてくれるという有難い環境に居ながらも動けなかった私であるからこそもし今の職場で苦しみや悩みを抱えている方が居れば動く事を強くおすすめします。

家電販売店やその他の販売店、飲食店などで接客の苦しみ業務過多で苦しんでおられる方の参考に少しでもして頂きますと幸いです。

この記事でご紹介させて頂く内容は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

【その他の仕事で悩む方向けの記事】

コールセンターへの転職をお考えのあなたに|メリットデメリット

仕事を辞めたいが次がない理由でお悩みのあなた|思い立ったが即行動を推奨します

仕事の悩み相談上司に|健康面の相談をして『言ってみるもんだ』と思った体験

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする