製造業への転職メリットデメリット


製造業へ転職をお考えの方|メリットデメリットをご紹介します

製造業転職メリットデメリット

製造業転職するメリットデメリットについてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

人生悩み尽きざるなりサイト管理人の飛田ポテトと申します。

転職をお考えの時に同業他社ではもう働きたくないと思い転職を決意される方も多いかと思います。

その業界自体に嫌気がさしての転職

そんな方も多い現代社会。

そこでもし次の職種に製造業をお考えの方がいらっしゃるかもしれないと思いこの記事では長年製造業に携わってきた私の実際の経験から

  • 製造業とは?
  • 製造業転職するデメリット
  • 製造業転職するメリット

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

皆様が転職をお考えになり製造業はどうだろうと思った時のご参考にして頂きますと幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

製造業とは?

製造業転職メリットデメリット『製造業』への就職、転職について~製造業のメリット、デメリット~

現在、『製造業』以外の職についておられる方、また、これから『製造業』へ就職される、また転職を考えておられる方は、『製造業』と聞けば、どんなイメージをお持ちでしょうか?

私が高校生の時には

キツイ、キタナイ、クサイ

の所謂『3K』と呼ばれるデメリットを指す言葉が定着していた時期でした。

この言葉は現在でも根強く残り、現在は『製造業』、特に中小企業を中心として、この事が影響して人材不足気味だと言えます。

私は高校を卒業してすぐに『製造業』の基本型とも言える『鉄工所』に就職しました。

私が『製造業』を選択した理由は以下の通りです。


◯身体を動かす方が好きだから

→部活がずっと陸上部で体育会系のノリだったので、デスクワークは『マジ勘弁!』という感覚でした。

◯物を売るより造る方が好き

→言葉そのままで、『造りたい』という気持ちが強かったです。

◯スーツ姿で仕事する自分が想像できない

→ジャージでいる時間が長かったので、スーツよりは作業服の方がシックリときました。

ざっとこんな感じで『製造業』についたのですが、現実は思ったのとは少し違いました。

◯書き仕事が多い

→まず、思ったより『書類関係』の書き仕事が多かったです。
作業チェックシート、検査表、提案書、発表会の原稿、会議の議事録等多数あり、文章力も必要とされます。

◯コミュニケーション能力

→また、文章力と同程度の会話力も必要です。
他部所への連絡や折衝をしなければならない場面も多いからです。

黙々と作業するのが仕事

と思っていたのですが、作業以外の諸々の業務を合わせて、はじめて『仕事』だと言うのだと学びました。

円滑に仕事を進めるには、コミュニケーション能力が大きく影響します。

昨今は『ISO』を取得している企業が多いので、仕事はより複雑化しています。

今求められているのは

ルールを守りながらも、独創的な発想をもった人材

と言え、そういう人材は『人財』と呼ばれます。

製造業転職するデメリット

製造業転職メリットデメリットでは、本題のメリットデメリットについて。

まずはデメリットから考えてみましょう。

私の思いつく限りをあげてみたいと思います。

1,3Kである
→始めに書いた通り、キツイ、キタナイ、クサイ等、『製造業は基本的に3Kと呼べる仕事でしょう。

また、冬は着込めば我慢できますが、夏の暑さは地獄的です(笑)
機械の熱や、基本身体を動かす割合が高いので

『どこからこれだけ出てくるんだ?』

というくらい汗をかきます。

私の会社では、パート社員として採用された方が、半日でギブアップした事があります。

2,腰痛に代表される職業病になる
→私の会社では慢性的な腰痛や腱鞘炎になる方が多いです。

無理な姿勢で長時間作業したり、身体の一部のみを酷使しなければならない等が原因かと思われます

ちなみに私は腰痛と、軽度ですが頚椎、胸椎ヘルニアを抱えています。

3,太る
→肉体疲労や2の職業病等を抱えている事から運動が億劫になり、運動不足で太ってしまう人が、私を含めて結構います。

仕事で身体を動かすのと運動するのは、どうやら何か違うようです。

4,生命の危険がある
→昨今は激減しているようですが、それでも事故は起こるものです。

事務系の仕事と比べれば重傷や、生命の危険はかなり大きいと言えましょう。

常に安全を意識した行動が求められます。

5,女性が少ない
→昨今はかなり女性が増えたようですが、やはり現場は男臭く、むさ苦しいものです(笑)
また、プライベートで積極的に行動を起こさないと結婚や交際が縁遠いものになりかねません。

6,賃金が安め
→高卒1年目の初任給が16万円程だと聞きます。

バブル以降はかなり賃金が抑えられており、他業種から見れば少し物足りない水準ではないかと思います。

昇級もかなり緩やかであるような事をよく耳にします。

私の場合、勤続約13年で主任の役職があり、平均残業時間が40時間程で月の手取り額が平均25万円程度になっております。

私が思いつくデメリットはこのくらいです。

やはり身体を酷使する事になるので、日頃からケアを怠ってはいけません。

身体が商売道具の業種ですからね。

製造業転職するメリット

製造業転職メリットデメリットでは、メリットを考えてみます。

1,時間がしっかりしている
→大体朝8時から昼休憩を挟んで夕方5時までの1日8時間労働。

忙しければ別ですが、結構早い時間に帰る事ができるので、その気になればプライベートは充実させる事が出来るでしょう。

2,正月休み等長期休暇が長い
→正月、GW、お盆と、それぞれ一週間程度の休みがある会社が多いかと思います。

ゆっくりすべき時にゆっくり休めるのも魅力です。

中小企業だとお客様が大企業となるので、その大企業のカレンダーに影響されているようですね。

3,各種資格を取得しやすい
→作業をするのに『資格』を必要とする事がかなり多いので、会社から『この資格をとってほしい』と、挑戦させてもらえる事が多いです。

万一、何らかの理由で退職したり、会社が倒産したりしても『資格』は自分のものなので、かなり得だと言えます。

会社のお金なので、プレッシャーを感じるのはデメリットかも知れませんが…(笑)

4,仕事の結果が目に見えやすい
→実際に品物を生産、製造するので、自分の腕が上がれば、それだけ品質がよくなります。

最初は下手でも努力を重ねる事により、時間短縮できたり、出来栄えがよくなるのを目で見て実感できる点で、モチベーション高く仕事ができるものかと思います。

溶接やガス切断、研磨の仕事は全国コンクールがあったりするらしいです。

ちなみに私はガス切断で全国2位の方に指導してもらっていた事があるのですが、その方の技量は私から見れば『超人』でした(笑)

5,体育会系で面白い人が多い
→体育会系のノリの方が多いので、キツく苦しい作業の中でも冗談を言ったりして、比較的楽しく作業できるのも『製造業』の魅力だと思います。

コミュニケーションが苦手な方も、数年頑張れば『笑い』の腕も向上する事でしょう(笑)

6,生活に役に立つ
→普段から機械いじりや工具にも慣れ親しむので、家庭で電化製品が故障した場合の簡単な修理や、日曜大工も得意な方になれるでしょう。

まあ、性格によるかも知れませんが(笑)

以上が思いつくメリットです。

製造業へ転職をお考えの方へ

基本3Kの職種になりますが、専門知識を身につけたり、努力次第では自分しかできない『オンリーワンの技術』を編み出したり、それを誰でもできる形に出来れば評価がグッと上がったりします。

先にあげましたが、努力次第で目に見えて自分の成長を感じる事ができる点は楽しいし、また、見たり触ったりするだけでミリ単位の違いを知覚できるようになったりもするので、人間の能力開発にももってこいと言えるでしょう。

特に優れた技量を有する人は『職人』とか『神様』とか呼ばれたりするので、その領域を目指して己を高めていく事にも喜びを感じられるはずです。

高額の賃金より、プライベートな時間を優先したい人にはマッチした業種ではないかと思います。

まあ、出世してしまうとプライベートな時間はかなり削られてしまうかと思いますが…
そこらへんは『上手』に世渡りしていくしかないですね(笑)

一部生々しい部分がありましたが、この記事が『製造業への転職や就職を考えておられる方にとって少しでも参考になれれば幸いでございます。

この記事でご紹介させて頂く内容は以上となります。

最後まで記事をご覧いただき誠にありがとうございました。

【その他の製造業関連記事】

異業種への転職|フォークリフトの可能性!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする