日本郵政の正社員と契約社員の待遇差についての判決|労働契約法違反で91万円の支払い命令が!


日本郵政の正社員と契約社員の待遇差についての判決|これが雇用形態の待遇格差改善の追い風になれば良いですね

日本郵政正社員契約社員待遇差判決

日本郵政の正社員と契約社員の待遇差についての判決についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

人生悩み尽きざるなりサイト管理人の飛田ポテトと申します。

この記事では9月14日に東京地裁より出た日本郵政を相手に契約社員の方3名が正社員との雇用形態の違いからの待遇差について起こしていた裁判の判決から

  • 日本郵政の正社員と契約社員の待遇差についての判決|ようやく第1歩でしょうか?
  • 日本郵政の正社員と契約社員の待遇差についての判決|まだまだ不合理な企業は多いはず!
  • 日本郵政の正社員と契約社員の待遇差についての判決|年末年始に正社員と契約社員の違いがあるはず無いでしょう!!

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本郵政の正社員と契約社員の待遇差についての判決|ようやく第1歩でしょうか?

日本郵政正社員契約社員待遇差判決

日本郵便の契約社員の方3名が、正社員に支払われている各種手当が契約社員に支払われないのは労働契約法違反にあたるとして、日本郵便に計738万円の支払いを求めていた訴訟で、東京地裁は9月14日、日本郵便に計91万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。

これは日本郵政のみならず、契約社員と正社員の雇用形態の違いからあまりにも待遇面に格差があり不満に思っている方々への追い風になると思います。

日本郵政の正社員と契約社員の待遇差についての判決|まだまだ不合理な企業は多いはず!

日本郵政正社員契約社員待遇差判決

労働契約法20条では、正社員と契約社員の待遇差について、

「不合理と認められるものであってはならない」

とされております。

原告側は、正社員と同様の業務に携わっているにもかかわらず、年末年始勤務手当や早出勤務手当、住居手当などの各種手当が支払われていないことや、病気休暇などの各種休暇がないことについて、違法であると主張していました。

これが裁判により認められたのですから、本当に喜ばしい事ですよね。

この判例が良い前例となり、今後も正社員と契約社員に不合理な待遇差をつけている、人を雇う事についてお金を出す気が更々無いと思えるような企業への訴訟がしやすくなるのではないでしょうか?

日本郵政の正社員と契約社員の待遇差についての判決|年末年始に正社員と契約社員の違いがあるはず無いでしょう!!

日本郵政正社員契約社員待遇差判決

判決では、年末年始勤務手当と住居手当、夏季冬季休暇、病気休暇が契約社員に与えらえないことは、不合理な取り扱いにあたり、不法行為が成立すると判断されました。

賢明な判決だと思います。

だいたい、年末年始の価値が正社員と契約社員で違うのもおかしいでしょう?そもそも、そこに差をつけている時点でこの雇用のルールを最初に考えた担当者の人格を疑いますね。

年末年始は正社員である我々は休ませてもらうから、残りは契約社員でやっといて。

しかし手当は出んけどね。

的な考え方であったのでしょうが、こんなものは金銭面以前に不当な考え方としても処罰されるべきですね。

この判決が今後の契約社員や非正規雇用で仕事を頑張られている方々への待遇面の改善の追い風になる事を祈ります。

この記事でのご紹介は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする