人生の悩みについて名言を参考に|ベルセルクガッツのセリフから学ぶ


人生の悩みを名言から学び解決する|『ベルセルク  ガッツからのメッセージ~ひねた大人にならない為に、君よ、感情に素直たれ~』

人生悩み名言人生悩み名言についてこの記事をお読み頂きありがとうございます。

人生悩み尽きざるなりサイト管理人の飛田ポテトと申します。

漫画の名言から学ばせてもらおうというコンセプトで始めたこのシリーズですが第三弾はベルセルクのガッツのセリフを我々の生きる現代社会に当てはめて考えて行こうと思います。

この記事では

  • 人生悩み名言を参考に|名言の多い漫画ベルセルクの魅力
  • 人生悩み名言を参考に|『ひねた大人』とは?
  • 人生悩み名言から学ぶ|ストレス社会が『ひねた大人』を作っている!

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

悩み多き現代社会。

ストレス社会ではございますがこの記事が少しでもあなた様の心の安らぎになれば幸いでございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人生悩み名言を参考に|名言の多い漫画ベルセルクの魅力

人生悩み名言『ベルセルク  ガッツからのメッセージ~ひねた大人にならない為に、君よ、感情に素直たれ~』

日本が世界に誇る文化である『漫画』には、ただ面白いだけではなく、人間がその人生に対して抱く悩み迷いを解釈するヒントが隠されていると私は思っています。

この『漫画名言シリーズ』では、私が読んだ漫画の中で生まれ、悩みや迷い解決の参考となる名言を紹介させて頂きたいと思います

今回は、ダークファンタジーの名作『ベルセルク』の主人公ガッツの名言を取り上げたいと思います。

この作品はハードでダークななストーリーと激しいアクションが展開されながらも、キャラクター、一人一人のモノローグに共感できる部分が多く、また、名言もたくさんあります。

その多くの名言の中から今回は主人公ガッツのこの名言を紹介させて頂きます。

人生悩み名言を参考に|『ひねた大人』とは?

人生悩み名言『できすぎなんだ、お前は、そうやって小利口に自分の中でまとまったり、他人の気遣いばかりしてる方が気がまぎれるのかも知れねぇけどな、ガキの時分からそんなことばっかやってると、ひねた大人になっちまうぜ』

少々長いですが(笑)

このセリフは、ガッツの仲間であるシールケという中学生くらいの女の子に向けられたセリフです。

シールケは魔法使いの女の子で、このセリフの直前、母親同然の師匠を失っています。

しかし、戦いで傷ついたガッツを気遣ったりして、気丈に振る舞っていました。

そんなシールケの大人びた振る舞いを、ガッツは逆に危うく感じてこのセリフに至ったのだと思います。

何故、危ういのか?

中学生くらいの女の子が、それほど他人に気配りできる事は感心できる立派な事です。

しかし、それは自分の内面にある感情を抑制ているだけだとガッツは判断したのでしょう。

更に、母親同然の師匠を失ったという現実、その悲しみを直視しない為に自分以外に気を配る事で紛らわしている。

それは一見、先に述べたように大人びた立派な振る舞いですが、内面に『悲しみ』、それも『深い悲しみ』を抱えているという現実は変わりません。

『悲しみ』は、時間をかけて和らげていくものであると、私は思っています。しかし、他人から向けられる労わりの言葉や、自分の悲しみを受け止めてくれる姿勢は、悲しみを和らげる大きな力になりますよね?ガッツのこのセリフには、シールケの悲しみを受け止めてあげようという優しい気配りが感じられます。

また、ガッツのいう『ひねた大人』とはどんな大人を指すものなのでしょうか?

人間は、大人であろうと子供であろうと、基本的にその精神構造が変わる事はないと、私は思っています。

  • 『欲しいモノは欲しい』
  • 『やりたくない事はやりたくない』
  • 『やりたい事はやりたい』

老若男女問わず、どんな人間でもこれは普遍な思いでしょう。

人生悩み名言から学ぶ|ストレス社会が『ひねた大人』を作っている!

人生悩み名言

子供の頃は、かなり自分の思うままに行動していても『子供だから』と、ある程度は許されるでしょうが、成長するに従って許される範囲は徐々に狭くなっていくものです。
大概の場合、本人も成長と共にそれを自覚していきますよね?

部活をやっていれば、先輩に甘えたり面倒を見て貰ったりしている中で、後輩ができれば先輩が自分にしてくれた事を後輩にしてあげなければならない、という具合に、人は自分の『立場』を感情より重んじるようになります。

社会に出れば、更に感情を抑制しなければならない場面が増えますよね?

『今週末は三連休だ!』

と、三連休をエンジョイしようとウキウキしている矢先、仕事が山積みになったり、トラブルが起こったりして、三連休をエンジョイするどころではなくなった!

そんな事、よくあるのではないでしょうか?

そんな時、『大人』は『立場』を考え、

『仕方ない』

という結論に至り、感情を抑制して仕事をします。

その抑制された感情は『ストレス』以外の何物でもありませんよね?

その『ストレス』をも抑制して、我々人間は社会で生きていかねばなりません。

『ストレス』は、その人間の世界観にも大きく影響するものであると私は考えています。

『どうせ…』とか『仕方ない』という言葉を心の中で呟きながら生きていないでしょうか?

ガッツのいう『ひねた大人』とは、そういうネガティヴな方向に達観した大人を指すものであると、私は解釈しました。

人の価値観は様々ですので、『ひねた大人』というものが良いモノであるのか、悪いモノであるのかは個々の判断によるモノでしょう。

しかし少なくともガッツはシールケに『ひねた大人』になって欲しくないと思って、このセリフを送ったのでしょう。

私は大人、所謂『オッさん』であるアラフォー世代ですが、ひねた大人』になっていると自覚しています。

『ひねた大人』という言葉は、夢も希望もないような、ネガティヴな印象を与える言葉であります。

しかし、人間が折れず曲がらず強く生きていく為には、『夢と希望』が必要です。

人生の折り返し地点にある『オッさん』である私ですが、そんな私にも将来こうなりたい、ああしたい、という夢や希望は失っていません!

『自分の人生はこれでいい』とか、『これが間違いのない人生だ』と、諦めにも似た感情で自分の人生を決めつけてしまう事だけはしたくないと私は思っています。

明日、次の瞬間、善くも悪くも何が起こるかわからないのが人生です!

『ひねた大人』こそ、夢や希望を持って生きていくべきなのです!

  • 何歳になっても夢は持ち続けよう
  • 夢は捨てた瞬間が達成しなくなる時
  • 諦める必要のないうちから諦めるのはもったいない!

ガッツの名言は、私にそんな事を改めて感じさせてくれました。

今すでに『ひねた大人』になってしまっていると感じている人や、人生に対して悩み、迷っている方にとって、今回のガッツの名言が豊かな人生を送る為の参考にしていただけたなら幸いでございます。

この記事でご紹介させて頂く内容は以上となります。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

【その他の名言から学ぶ記事】

人間関係の悩みを名言から考える|『戦わなければ勝てない!』

人間関係の悩み名言をヒントに|『オレはひとりで生きていける自信がねぇ!』

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする