結婚できない悩み|適齢期を越えても未婚の息子さん、娘さんが御心配な方へ


結婚できない悩み|息子娘を心配する親の気持ち

悩み結婚できない悩み結婚できないについてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

人生悩み尽きざるなりサイト管理人の飛田ポテトと申します。

最近は私の周囲を見渡しても同年代で独身の方々が本当に多いです。

結婚しないのにはそれぞれ様々な理由があるかと思います。

しかしそれを本人以上に深くお考えなのが親御様。

私もよく親に早く結婚しろと言われていました。

この記事では

  • 結婚できない悩み周囲のプレッシャー
  • 結婚できない悩み独身男女の親の気持ち
  • 結婚できない悩み理由は相手がいないだけではない!

以上の項目に沿って私自身の経験も踏まえご紹介させて頂きます。

結婚できない男女の方、また結婚しないお子様をご心配されている親御様のお気持ちが少しでも楽になりご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

結婚できない悩み周囲のプレッシャー

悩み結婚できない私は、30歳あたりから親戚や知人の方々から

『いつ結婚するの?』

『相手はいないの?』

と言われ続けて、ようやく

『この春に結婚します』

と答えられる状況になりました(笑)

親戚や知人の方々が気になる事なのですから、私の両親がそれを気にしていないわけはありませんでした。

時々、夕飯の後にそんな話になっては、

『相手がいないのにどうやって結婚しろって言うんだ?』

と、私が不機嫌になって話は終わっていました。

結婚できない悩み独身男女の親の気持ち

悩み結婚できない

しかし、両親の心配する気持ちは痛い程理解できたし、早く結婚して安心させてあげたいという思いも、勿論持っていました。

しかし、相手がいないのだからどうしようもありません。

私が結婚できなかった理由はこれにつきました。

私の場合は知人の方からの見合い話があり、紹介して頂いた女性と意気投合して話がトントンと進んだというわけなのですが、私はかなり幸運な方だと思います。

今は、結婚相談所(どこでどうやって調べたのかわかりませんが、私の家にも電話が何回かかかってきた事があります。)や、婚活パーティーで相手を見つける方もいらっしゃるようです。

しかし、私と同じ歳の友人もまだ未婚で、相手探しに婚活パーティーに参加したりしているのですが、なかなか難しいようです。

この友人、見た目はゴツイのですが、笑うと可愛らしく、お茶目なで開けっぴろげな性格で、長く一人暮らしをしているので、金銭感覚もしっかりしており、仕事もしっかりしています。

結婚相手に対しても、それほど多くを望んでいるわけではありません。

女性とのコミュニケーションも特に問題があるわけではなく…

そんな彼に、何故相手が見つからないのか…?

何故結婚できないのか!?

それに答えが出せれば、世の中の結婚問題はかなり少なくなりそうですが…

結婚できない悩み理由は相手がいないだけではない!

悩み結婚できないまた、結婚できないのは相手がいないというだけでもないようです。

私の周りの同年代の男性には相手がいるにも関わらず結婚しない人がチラホラいます。

経済的な不安から結婚に踏み切れないという声も聞こえますが、大概は安月給とはいえ、安定した収入がある人ばかりです。

『相手がいない』

という理由を除いた、その他の結婚できない理由をあげてみましょう。

経済的不安

→収入が安定していない、または安月給の為に養っていく自信がない、貯金が無い等の理由で結婚して相手を幸せにする自信がない。

実家暮らし

→私もそうですが、地元で就職すると一人暮らしの必要がなく、ずっと実家暮らしで、家事をする必要もなく、その居心地の良さから結婚して所帯を持つ事が遠い事のように感じる。

結婚に拘りがない

→彼女は欲しい、または彼女がいるが結婚の必要性を感じない。
または結婚そのものが面倒と感じる。

特殊な事情

→健康に対しての不安、家庭の事情や、彼女と何らかの約束があるなどの特殊な状況。

考え方や価値観で結婚に興味のない人もいますが、漠然とした結婚に対する自信の無さも理由のようです。

十分に条件が揃い、彼女もいて結婚願望もあるのに結婚に踏み切れないという状態は、『実家暮らし』が理由として大きいと考えます。

実家の居心地の良さは誰にでも理解できる事と思います。

マンネリでありながらも、その居心地の良さは手放しがたいものがあり、アラフォー世代にもなると大きな変化を嫌う所もあり、平日は職場から帰るとゴロゴロ、休日もドライブがてらに買い物して、後は仕事疲れからゴロゴロして過ごす。

それが独身彼女無しアラフォーの生態であると、自身の経験から思います。

結婚したくないと思っている人は少ないかと思います。

また、その御両親も息子さん、娘さんに結婚して欲しくないと考えている人はいないでしょう。

私は、今まで10回以上お見合いのような感じで女性を紹介して頂いてきました。

その過程ではリアル101回目のプロポーズのドラマを再現しているのではないかと思えるほどでした。(古い?)

その半分くらいは母親を通してきたお見合いでした。

御両親が息子さん、娘さんにしてあげられる事といえば、そのようなサポートであると私は思います。

本人に結婚願望がある、御両親も結婚して欲しいという状況なら、言葉は悪いかも知れませんが、強制的にでもそういう『お見合い』のような席を用意するのも有効かも知れません。

経験上、世の中何が起こるかわかりません。

私は婚約者と初対面して2ヶ月と少しで結婚を前提として付き合う形になりました。

結論として、やはり『変化』を与えてあげる事が必要なのだと思います。

御両親は息子さん、娘さんとコミュニケーションをとり、結婚願望を確認した上で、堂々と親として世話を焼いてあげていいかと思います。

結論として

  • 本人に結婚願望があれば親が世話を焼くのは大いにかまわない
  • 結婚願望があるのなら毎日同じ生活の繰り返しから抜け出しとにかく動く
  • 諦めない気持ちが1番大切

以上の事をアラフォーにして結婚できることになった私は強く感じました。

特に二項目に上げた同じ生活の繰り返し。

私は長年これにはまっていたような気がします。

人は惰性になれ同じことの繰り返し同じ生活の繰り返しをすれば非常に楽です。

そしてその楽さにかまけて新しい事への挑戦。

新しい刺激の追求。

新しい知識を得る。

新しい出会いを求める。

そういったことが煩わしなり動かなくなると私は考えます。

実際30代の私がそうでした。

その結果が結婚願望があるにもかかわらずアラフォーになるまで独身であった大きな原因の1つです。

しかし私は友人に同じ事の繰り返しをしていたら人は劣化していく一方だぞと言われました。

その友人が言うには

同じことを繰り返す

→年齢を重ねる

→肉体が衰える

→結果脳も衰える

→現状維持すらままならない

→結果劣化する

という事を実にうまく説明され非常に強く納得させられました。

その結果丁度母からあった見合い話を受け今回の見合いはいつものように惰性で受けるのではなく相手が良い人なら本気で結婚を考え強い気持ちを持ち臨もうと考えました。

その気持ちが相手に伝わったのだと思います。

40歳になり私は変われたのです。

気持ちの持ち方物事への取り組み方1つ変えるだけで人が動いた時の結果がこうも大きく変わってくるものかと思うほどの変化でした。

何度も言いますが同じことの繰り返し惰性は人を劣化させていきます。

私自身が身を持って体感した事です。

本気で結婚を望む方息子様娘様に結婚して欲しいと思う親御様

動きましょう!

動けば何かが起こります。

この記事を読んでくださった結婚願望のあるあなた。

それにお子様に結婚をして欲しいと願う親御様。

アクションを起こして頂くことを強く願います。

じっとしていても相手はいきなりやってくるという事はないのですから・・・

この記事でご紹介させて頂く内容は以上になります。

最後まで記事を読み進めて頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする