覚悟のススメの名言より|漫画名言シリーズ


覚悟のススメの名言より|漫画名言シリーズ

覚悟のススメ名言覚悟のススメ名言についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

人生悩み尽きざるなりサイト管理人の飛田ポテトと申します。

漫画名言シリーズ本日は覚悟のススメの主人公の名言から学ばせて頂こうと思います。

この記事では漫画覚悟のススメの名言から

  • 覚悟のススメ名言|理不尽
  • 覚悟のススメ名言|怒り
  • 覚悟のススメ名言|『怒りを胸に沈めてはならぬ。怒りは両足に込めて己を支える礎とせよ。』

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

理不尽な事が多い現代社会。

怒りのコントロールが非常に難しい世の中になってきております。

この記事が少しでも皆様の怒りのコントロールの参考にして頂けることを切に願います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

覚悟のススメ名言|理不尽

覚悟のススメ名言漫画名言シリーズ

『覚悟のススメ  主人公覚悟の理不尽に対する怒りを力に変える名言』

人間はどんな時に『怒り』を覚えるものなのでしょうか?

納得のいかない事、自分の理屈に合わない事を他者から押し付けられたりした時、つまり

『理不尽』

に直面した時ではないでしょうか?

『理不尽』とは、理にかなわないやり方、またはその態度を指す言葉です。

覚悟のススメ名言|怒り

覚悟のススメ名言例えば職場の上司から無理難題を命じられたとして、それが自分の理屈にかなった事なら自分を納得させる事はできるでしょう。

しかし、明らかに悪意の込められた理不尽には、人間は『NO』の感情、つまり『怒り』をおぼえるものです。

それは至極当然な事です。

しかし、自分の心に生まれた『怒り』は、簡単に爆発させられるものではないですよね?

自分の置かれている立場、周囲の目を気にすると、人間はその『怒り』を自分の胸の深い部分に沈めてしまう事の方が多いかと思われます

一度生まれた『怒り』は自分では忘れたつもりでも、消えたわけではなく、自分の心の中に残り続け、『ストレス』として蓄積されていきます。

いわば、マイナスのエネルギーとも言えるでしょう。

そのマイナスエネルギーをプラスエネルギーに変える為の名言がこれです。

『怒りを胸に沈めてはならぬ。怒りは両足に込めて己を支える礎とせよ。』

荒廃した世界で、戦う術を持たない善良な人々を悪の『理不尽』から守る為に強化外骨格『零』を纏って戦う主人公葉隠覚悟の戦いを描いた異色の名作少年漫画『覚悟のススメ内で主人公葉隠覚悟が敵と戦う中で己に言い聞かせる名言です。

『怒り』を全身成長する為のエネルギーに変えろという意味ですね。

覚悟のススメ名言|『怒りを胸に沈めてはならぬ。怒りは両足に込めて己を支える礎とせよ。』

覚悟のススメ名言私は『怒る』事が少ない人間なのですが、そんな私でも、時々身に降りかかる理不尽に対して『怒り』をおぼえる事があります。

何か無理難題を押し付けられた時、私は

『やってやろうじゃねえか!!』

と、相手に対してではなく、無理難題に対して『怒り』を燃やして取り組みます。

全てが全てうまくはいきませんが、時々、自分も周囲も驚くようなよい結果を出せたりします。

そうやって出た『よい結果』は、自信に繋がり、今まで無理難題だと感じていた事が

『大した事ねえよ!』

と思えるようになったりもしますよね?

この名言は、理不尽を押し付ける相手に怒るのではなく、理不尽に怯んでしまう自分の心の弱さに対して怒り、理不尽を乗り越えてみせる事が正しい『怒り方』だと言っているのだと、私は感じました。

この名言が、今何かに怒りを燃やしている人にとって、何かの参考になれれば幸いでございます。

この記事でご紹介させて頂く内容は以上となります。

最後まで記事をお読み頂き、誠にありがとうございました。

【その他の漫画名言シリーズ】

漫画名言シリーズONE PIECEONE PIECE|存在価値

漫画名言シリーズ|ONE PIECE 黒ひげの言葉から学ぶ

漫画名言から学ぶシリーズ|キン肉マンのキン肉アタルの言葉から

アニメの名言の意味を考えて|聖闘士聖夜アテナ城戸沙織の最高の激励のことば

人生の悩みを名言を参考に|『憎みながら、依存するのだ、卑屈に、あざとく』

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする